ゲーム業界でも英語は大事

今は高校を卒業して、大学や専門学校に進む人が多いです。

大学への進学者は47.5%、専門学校への進学者は16.8%となっていて、

合計して64.3%の人が進学をしているということになります。


gori_9V9A8291_TP_V

ゲーム業界と英語の関係

ゲーム業界に進むための進学

これは日本の教育水準は高まっていて、むしろ進学しないと未来がないというような風潮のあらわれとも言えるでしょう。

就職が厳しくなっているゲーム業界で、これからどうしていけばいいのかを提案していきたいと思います。

どの職種でも同じですが、英語を話せる人というのは強いようです。

ゲーム業界でも英語ができると有利

プログラミングやキャラクターデザインができる人が、英語を話せるなら怖いものナシです。

なぜなら、先ほど述べた技術というのは、東京や大阪、福岡など日本の主要都市ならず、世界中のどこであっても使えるものだからです。

英語さえ身につけておけば、世界的に活躍することも夢じゃないのです。

高校を卒業して、すぐに飛び立つのも良いですが

大学や専門学校にも、留学制度が整っているところがあります。

まとめ

グローバルな社会人を目指しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする