3DCGスクールで目指せる職業

最近試しにプレイしてみたアプリの恋愛シュミレーションゲームで3DCGの技術が使われていたことに驚きました。

ゲームに多用される3DCG

ゲームのなかに登場する男性キャラクターが主人公の頭を撫でる動作をしたり、特別なイベントが発生したときに急に立体的になって今までとは違う動きをしていました。
しかもキラキラと輝く効果も抜群に美しくて……コンシューマーゲームでは時々見たことがあったのですが、まさかスマートフォンのアプリゲームで3DCGが使われているとは! と正直衝撃でした。
平面的だったキャラクターが突然、立体的になってグッと距離が近づいた気がします。
ゲーム会社の思惑通りにどんどんハマっていきました。

3DCGを使う仕事とは?

それにしても恋愛シュミレーションゲームのキャラクターを制作する3DCGの仕事ってワクワクしそうだなあ……と思いました。
抜群にかっこいいキャラクターたちを作りあげるなんて……。
ゲームやアニメが好きな人なら、きっと一度は思ったことがきっとあるはず。
ゲームをプレイするだけじゃない! アニメを見るだけじゃない!
自分も作る側の人間になりたいんだー! ということを。
それならば3DCG使いを目指しましょう。いま各業界では3DCGを操れる人材はいないか? と血眼になって探しています。
キャラクターや建物などを作るモデリングアーティスト、キャラクターや動物たちに動きをつけるモーションデザイナー、ゲームやアニメのなかで魔法や爆発の効果をつけるエフェクトデザイナー。
ゲーム内のアイコンやゲージ・フォントなどを制作するモーショングラフィックス、CG映像を使用したシーンを編集するコンポジッター、ゲームやアニメを制作する際に作品をどのような方向性にしていくのかということを決めるアートディレクター。
フィギュアの原型を制作しているデジタル原型師など……3DCGを使える人材は様々な現場で重宝されるんです。
目指せる職業もいろいろなので3DCGで学びながら、自分はこの職種に向いているということもわかってきます。

3DCG専門学校はどんなところ?

3DCGスクールでは2年間のカリキュラムのなかで基礎練習と応用を繰り返していきます。基礎がしっかりしているのでプロになり現場に入ったときにも、応用にもしっかりと対応できます。

まとめ

ぜひ3DCGスクールでプロのクリエイターを目指しましょう。
ひとりでは難しくても熱意ある仲間と先生たちが支えてくれます!
3DCGの技術を身に着けてゲームやアニメの世界で活躍しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする