ライトノベルスクールで作品を書きあげる

最近ではアニメ化やマンガ化、ときには実写ドラマや映画の原作にもなっているライトノベル。
一見読みやすくてかる~い内容なのかな? と思いきや実は心理描写がとても繊細で深い内容で涙をぽろりと流してしまったりするのです。

ライトノベルの魅力

ライトノベルに登場するキャラクターたちはみんなそれぞれに特徴があって、読んでいても「このキャラ実はそんな一面あったの!?」と驚かされることの連続です。
ライトノベルの世界観は非日常的なものから普通の日常のなかで起こる事件を解決するというものもあります。
まさにライトノベルは無限大の可能性を秘めていますよね!
ライトノベルが大好きという人のなかには自分もこっそりライトノベル書いてます……という人もいるのではないでしょうか。

ライトノベルの書き方を学びたいなら……

新人賞には送っていますか? アイディアが煮詰まってはいませんか? 続きの文章が思いつかない……と挫折する寸前ではありませんか?
もしもライトノベルを書くのに苦戦しているのであれば「ライトノベルスクール」に通ってみるのはいかがでしょうか。
ライトノベルスクールとは名前のとおり「ライトノベルの描き方を学ぶ学校」のことです。
作文は義務教育のときから書いてきたし文章を書くのは慣れてるはず! と思っていてもライトノベルを一本書きあげるというのは実はとても難しいことなんですよね。
このライトノベル……面白いの? という疑問が頭に浮かんでくると書いていても不安ばかりが浮かんで物語を書き進めるのが辛いという状況に陥ってしまいます。

ライトノベル専門学校へ通う

そんな状況に陥ったときにライトノベルスクールならプロの小説家の先生がそばにいてくれるのでプロの目線から見たアドバイスをしてくれます。
「面白い」「面白くない」「ここを修正すれば面白くなる」ということを的確にアドバイスしてもらうと自信を持って物語を書き進められますよね。
ライトノベルスクールではアイディア発想法の授業もあります。どんどん書きたいものが湧いてきて作品もたくさん仕上がります。
ライトノベルスクールならではの授業をプロのライトノベル作家の先生たちが教えてくれるので、ライトノベルを書いている自分自身にもプロの目線が身についてきているのが実感できるようになってきます。

まとめ

ライトノベル作家になるには独学だけでは難しいこともあります。
ライトノベルスクールに通ってライトノベル作家を目指しましょう!
物語を書くのが好きライトノベルが好きという気持ちをライトノベルスクールは受け入れてくれます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする