社会人の経験が役に立つこともあります。


声優への道を志して学校に通おうと思っている社会人に、一言言っておきますが、社会人としての経験は決して無駄にならず、むしろ声優の仕事にプラスとなることがあります。

演技というものは、様々な職業や年齢を表現する必要があるので、高校を卒業してから専門学校にそのまま通う人と、社会人を経験してから専門学校に通う人では演技の幅が大きく違い、色んな役を演じられる可能性を秘めているのです。

また、職業経験を通じて、多種多彩な人とも人間関係を気付いていると思うので、その人たち1人1人をあなたの演技に活かすことができるのです。

なので、声優を目指すのには遅い、無理なのかもと悲観的に捕らえないでください。

確かに年齢を重ねてしまった分、高卒の人のほうがノビシロはあり、与えられるチャンスも多くなるでしょう。

しかし、その程度で簡単に声優という夢を諦めてしまうのなら、社会人として生きる道を選んだほうが良いです。

夢はないかもしれませんが、声優を目指すよりは遥かに現実的で安定した将来が待っています。

声優という職業は生半可な気持ちで通用するほど、甘い世界ではありません。

声優に何が何でもなってやるという強い意志、そしてそれに見合った努力を行って、初めてスタートラインに立てるのです。

そうでない人はスタートラインにすら立てないと言って良いでしょう。

また、努力の方法としては、他の声優志望の人たちと同じ能力を伸ばしても若さでは叶わないので、個性となる自分の武器を伸ばしてあげると声優としての未来が少しは開けるかもしれません。

どの業界も若年層を獲得する傾向にあり、声優事務所でもそうなので、社会を経験してしまうとどうしても年齢の点で不利となってしまいやすいです。

しかし、しっかりと声優としての基礎をこなせる上で、自分だけの個性を伸ばしていれば、若さにも充分、対抗することができるのです。

そのため、事務所によっては社会人を経験したあなたを欲しがる事務所もでてきます。

そして、事務所選びの際には、どんな仕事が多いのか事務所によって違うので、しっかりと業界調査を行って、自分の個性にマッチしそうな事務所を選ぶようにしてください。

事務所には入れたなら、とりあえず与えられた仕事はなんでもやるという気持ちが大切です。

明らかに自分の個性に合っていない仕事だとしても全力でこなすことで、見ている人からはちゃんと評価されます。

良い評価は、次の仕事に繋がるので、いつか自分の個性を思う存分活かせる仕事が回ってくることを信じて、与えられた仕事は嫌でもこなしましょう。

l_108